<LEDIUS サイン NEWS 11月号> 切り文字サイン×照明/規格外サイン事例紹介 Vol.2

こんにちは。いつもお世話になっております。
LEDIUS NEWSをご覧いただきありがとうございます。

襟元にマフラーの恋しくなる季節がやってきました。今年は秋らしい気候があまり感じられないまま冬がやってきたように感じますが、皆さま体調管理にはくれぐれもご注意ください。

今回のLEDIUS SIGNのメールマガジンは、タカショーデジテックの商品展開の幅広さを活かした切り文字サインのライティングプランのご紹介や、お客様の理想を叶える規格外サインの事例をご紹介します。最後までお付き合いいただけますと幸いです。

目次

  1.  切り文字サインをカッコよく魅せる照明特集
  2.  規格外サイン「熱帯酒場」の事例紹介

切り文字サインをカッコよく魅せる照明特集

タカショーデジテックは商品展開においてさまざまな側面を持っています。この記事をご覧いただいている方の多くはLEDサイン専門の製造メーカーとしての印象が強いと思いますが、タカショーデジテックではサイン以外にも屋外のさまざまな環境をライトアップする屋外照明分野でも数多くの商品を世に送り出しています。
そこで今回は、今まであまりカタログで紹介されていなかった裏メニュー的なレシピとして、切り文字サインを上手にカッコよく魅せるプランをご紹介します。
(先月発刊いたしました新しいカタログに一部事例を掲載しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。)

01 光のラインで文字を浮かび上がらせる

レターバーライト 照射タイプの使用例

レターバーライト 照射タイプ

上から、下から、横から。設置場所にあわせて取付方向を調整できる光のライン。
ネームプレートをしっかりと照らし出し、暗い夜でも認識ができます。

レターバーライト

前述のレターバーライトとは異なり文字の下に潜り込ませて背面から光を照射するタイプです。これによりライン状の光をアイキャッチとして浮かび上がるような演出効果が可能となります。

02 光を照射して看板を照らす

コンパクトウォールライトの使用例

コンパクトウォールライト

アーム型スポットライトを何灯も設置するよりずっと経済的かつスマート。出幅が50mmほどと小さく、1台で照らすことができるので設置面もごちゃごちゃせず、昼間の景観もスッキリとして見せることができます。

マリンライトの使用例

マリンライト

サインを照らす間接照明は黒子としての役割が多いですが、このマリンライトはスタイリッシュなデザインになっています。そのため、サインとはまた違うもうひとつの看板の「顔」にもなります。

03 エクステリアと組み合わせる

ライティングフェイスサインの使用例
ライティングフェイスサインの使用例

ライティングフェイスサイン

中にLEDが組み込まれている電照式なので上記でご紹介したプランとは一線を画しますが、通常のLEDサインともまた異なるので改めてご紹介します。桁から吊り下げたり、柱の横に飛び出すかたちになるので、文字が宙に浮いているかのような印象を与えます。

いかがだったでしょうか。
適材適所なライトを選択することで夜間でも文字をしっかりとアピールすることができます。コーディネートでお悩みでしたらぜひ当社までご相談ください。
また、今回ご紹介した内容をより詳細に紹介した記事もございます。興味のある方はぜひご覧ください。

特集記事 ≫

規格外サイン「熱帯酒場」の事例紹介

熱帯酒場のファサード看板の別注サインの写真

タカショーデジテックでは、LEDサインを様々な商品ラインアップで展開し提供していますが、カタログにない規格外のサインも別注で製造しています。そんな事例の中から、今回は和歌山にある「熱帯酒場」のサインをピックアップしてご紹介します。

熱帯酒場オーナーのこだわりの手塗り感
熱帯酒場オーナーのこだわりの手塗り感

こだわりの手塗りの質感

オーナー様の「通りから目を引くこと」を最優先にサインの仕様を考案。目立たせるためにネオンシリーズを用い、パーツごとに色も変えたい。しかし、普通のLEDネオンサインでいろんな色を使うとその分コストも大幅に上がります。納期や予算に合わせてどこまでのご希望を実現できるかを考え抜いた末、たどり着いた答えが背景にアートボードを用いたボードシリーズのアレンジ。ネオン管を模したアクリルに色をつけ、導光板を使って背面から単色で光らせるというアイデアでした。また、壁の色や質感と合わせたいというオーナー様のご希望により、この金物とファサードサインのボード部分の塗装はお客様が自ら手塗りされています。各所にこだわり抜いたサインは、お陰様で通りでもひときわ目を引く仕上がりになり、最終的にお客様からも満足のお言葉をいただきました。

特集記事 ≫

他にも規格外サインの事例は様々ございます。
規格外サインを特集した記事のシリーズがございますので、ぜひご覧ください。

規格外サインの特集記事シリーズはこちら ≫

また、「こんなサインもつくれる?」「こんなデザインにしたいんだけど…」など
アイデアだけの状態からでも是非お問い合わせください。

お問合せはこちら ≫

【見逃した方へ】サイン新カタログ発刊しております

先月10⽉28⽇(木)に『LED SIGN 2021-2022』を発刊しております。本カタログでは、我々タカショーデジテックが作り出すLEDサインの特長や、新商品の「LEDIUS SIGN NEO FREE」などを紹介、さらには今年の施工例を大幅に追加し、計80ページのカタログとなっております。
ぜひ手に取ってご覧ください。

※本カタログには環境にやさしい紙・インクを使用しております。


今年もフェスタルーチェ開催中

フェスタルーチェ in Wakayamaの2021年度の様子

5年目となる今年も、「スイスなフェスティバル」をテーマに大人も子どもも、みんなの心に灯りがともるフェスタルーチェを開催いたします。2021年11月3日より和歌山マリーナシティで77日間開催。今年も中学生以下は無料、さらに高校生以上の学生は半額となっております。

【開催概要】
開催期間:2021年11月3日(水・祝)から2022年2月14日(月)
毎日営業:11月3日(水・祝)~1月3日(月)
土日祝のみ:1月4日(火)~2月14日(月)※但し2月14日(月)は開催
営業時間:17時~21時(最終入場20時半)12月1日~12月26日 の金・土は17時~22時(最終入場21時半)
会  場:和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ 〒641-0014 和歌山県和歌山市 毛見1527
主  催:フェスタ・ルーチェ実行委員会
共  催:和歌山マリーナシティ

公式webはコチラ ≫ #チケット購入はコチラ ≫

最後までご覧頂きましてありがとうございました。
これからも当社の最新ニュースを皆様にお届けしてまいります。
どうぞ引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

お問い合わせ ≫

ページトップへ