クリスマスにおすすめの イルミネーションの取り入れ方


クリスマスといえば、イルミネーション。そんなイメージもすっかり定着しつつありますよね。商業空間や公共施設など、クリスマスシーズンが近づくにつれ街のあちこちに灯る美しい光。最近ではただ電飾を施すだけでなく、さまざまなデザインやモチーフでオリジナリティあるクリスマスイルミネーションを演出できるようになっています。定番のツリーひとつ取っても多彩なバリエーションがあり、どんなデコレーションを施すかで見え方や印象がガラリと変わります。今回はさまざまなテクニックとともにクリスマスにおすすめのイルミネーションをご紹介します。

目次

  1.  クリスマスと言えば、やっぱりツリー
  2.  大型イルミネーションも可能な「LIMITED LINE」
  3.  アクセントにはオーガニックモチーフがおすすめ

クリスマスと言えば、
やっぱりツリー

一般的なイルミネーションのイメージ

クリスマスのイルミネーションと言えば、昔からのスタンダードはやはりツリー。モミの木だけでなく樹木のデコレーションはクリスマスのシンボルと言っても過言ではありません。だからこそ、樹木のイルミネーションはありきたりな印象を持つ方も多いのではないでしょうか。ですが、実はさまざまな表現ができるのが樹木のイルミネーション。蔦状にたくさんの電球が付いた『String Lite®』は、取り付け方でさまざまなシーンを演出します。

イルミネーションの手法の1つ「ロマンティック」を用いた例
ロマンティック
イルミネーションの手法の1つ「スパークル」を用いた例
スパークル
イルミネーションの手法の1つ「アイキャッチャー」を用いた例
アイキャッチャー

モミの木のような針葉樹の場合、ストリングスを巻きつけて全体を輝かせるテクニック「ロマンティック」や樹幹のてっぺんから小枝の先まで放射線状にゆるくライトを巻きつける「スパークル」がクリスマスのツリーイルミネーションの定番。少し変化をつけたい場合にはマジックストリングスを一直線に連結し、螺旋状に巻きつけるシンボリックな演出「アイキャッチャー」でインパクトを狙うのもおすすめです。

イルミネーションの手法の1つ「クラシック」を用いた例
クラシック
イルミネーションの手法の1つ「コンツアーライティング」を用いた例
コンツアーライティング
イルミネーションの手法の1つ「モダンライティング」を用いた例
モダンライティング

また街路樹などに多い落葉広葉樹の場合、樹幹から小枝の先まで、外に広がるようにデコレーションする「クラシック」が全体を光らせるのに対し、樹幹と主要な枝にだけイルミネーションを巻き、樹の輪郭を浮かび上がらせるテクニック「コンツアーライティング」では光のラインが樹のシルエットを鮮明に表します。また樹の上部からストリングスを吊り下げ、中心に集めてワイングラスのようなシルエットを表現する「モダンライティング」など、スタイリッシュで個性的な演出も可能です。

Ice Drop®を用いた施工例
「Ice Drop®」で
つららのような演出
Magic String Lite®を用いた施工例
「Magic String Lite®」で
光を吊るす

そして、「String Lite®」だけでなく、モチーフや大きな氷柱をイメージした「Ice Drop®」を用いたひと違うクリスマスらしい演出もおすすめです。シンプルにモチーフや「Ice Drop®」をワイヤーやチェーンで吊り下げたり、枝先から「Magic String Lite®」で光を吊り下げるといった演出は、施工も簡単で、樹の形を選ばないテクニックです。

大型イルミネーションも可能な「LIMITED LINE」

トナカイ型の大型イルミネーション

空間をリアルに、そしてダイナミックに演出するのがMK Illuminationの大型イルミネーション『State of THE ART. LIMITED LINE リミテッドライン』です。樹木やポップなオブジェなど、芸術的とも言える造形は、1つあるだけで場にクリスマスらしい華やかさとインパクトが生まれます。中でもリアルなアニマルの造形はデザイナーのラフスケッチから3D加工を経て、ヨーロッパの自社工場で金属加工を得意とする熟練スタッフが手掛ける高い技術をもって生まれています。森の中にたたずむ姿は本物の動物以上にリアルでインパクト抜群。芸術的な造形の金属フレームは明るい屋内でも存在感があり、光るとさらに幻想的に。洗練されたフォルムは都会的な場面にもよく合うイルミネーションです。

ハチドリ型の大型イルミネーション
エゾジカ型の大型イルミネーション
クジラ型の大型イルミネーション

動物がモチーフのイルミネーション

数字やアルファベットなど、シンボリックなサインも製作可能で、場所やプロジェクトに沿った作品も随時製作。例えば、帆を象る「Drape Sail」、小枝を表す「Crystal Branch Pole」、躍動的な鹿のフォルムが浮かぶ「Stag」、巨大なギフトボックスがクリスマスらしい「Giant Gift」など、クリスマスイルミネーションにぴったりのさまざまなラインアップがあり、国内生産の大型イルミネーションは短納期で自由にカスタマイズできることが特長です。

イルミネーションで表現したサインオブジェ
イルミネーションで表現したサインオブジェ

シンボリックなサイン

「Drape Sail」を用いた施工例
「Drape Sail」のイメージ
「Crystal Branch Pole」を用いた施工例
「Crystal Branch Pole」のイメージ
「Stag」を用いた施工例
「Stag」のイメージ
「Giant Gift」を用いた施工例
「Giant Gift」のイメージ
LIMITED LINE ≫

アクセントにはオーガニックモチーフがおすすめ

一般的な電飾のイルミネーション
一般的な電飾のイルミネーション
オーガニックモチーフを取り入れたイルミネーション
オーガニックモチーフを取り入れたイルミネーション

イルミネーションと聞くと、思い浮かべるのは電飾などのデコレーションが一般的。クリスマスイルミネーションに「オーガニック」と聞いてもピンとこないかもしれません。そんなイルミネーションのイメージを覆す、世界でもMK Illuminationでしか製造されていないオーガニックモチーフ「Organic」シリーズがあるんです。

オーガニックモチーフのイメージ
オーガニックモチーフの
イメージ
オーガニックモチーフの昼の様子
オーガニックモチーフの
昼の見た目

素材にはスロバキア近郊にあるPEFC認証(国際森林認証制度)を受けた森林で伐採された木の端材を利用し、自然にやさしいポリプロピレンなどリサイクル性の高い素材と組み合わせることで自然素材の風合いと環境負荷の低減、そして手入れの容易さを両立させています。
このオーガニックモチーフはなんと言っても有機物ならではの温かみあるデザインが特徴で、無機質になりがちなイルミネーションのアクセントになるすぐれもの。1点1点ハンドメイドで作られるアートのようなデザインは、見た目の温もりと華やかさを備え、夜のイルミネーションとしてだけでなく、昼の景観も楽しめます。

オーガニックモチーフを取り入れたイルミネーション
樹木に取り付けて
アクセントに
オーガニックモチーフを取り入れたイルミネーション
水辺に取り入れて
彩りをプラス

オーガニックボールを樹木に設置すると木の実や果物のような光のアクセントとなり、人々が行き交う通路には上空に設置することで空間全体が華やかになります。
オーガニックボールは多彩なカラーバリエーション・サイズで展開。耐水性も兼ね備えており、屋外はもちろんのこと、プールサイドにも設置することが可能です。サイズ違いで組み合わせてみたり、様々なカラーを空間に合わせて取り入れることでクリスマスイルミネーションの幅が広がります。

「Organic」について ≫


いかがでしょうか。一概にクリスマスイルミネーションと言っても、さまざまなバリエーションが揃うことがわかっていただけたのではないでしょうか。街を歩くだけで楽しくなる光の演出を取り入れて、今年のクリスマスはひと味違ったイルミネーションを楽しんでみませんか?

施工例 ≫ お問い合わせ ≫

ページトップへ