<ひかりノベーションの事例紹介> 陰影を愉しむ和の中庭

  

最近では和風庭園のライティングが流行っています。紅葉の季節には、様々な歴史的建物でライトアップが行われています。そんな古き良き和風な雰囲気をおうちの庭で味わえると、もっといいですよね。今回はそんな和のお庭を夜でも愉しめるライティングのコツと、こんなシチュエーションにあうひかりノベーションの商品をご紹介します。

今回のライティングPOINT

同じ方向から同じ角度でライトアップ

樹木を照らすときは、下のイラストのように、樹幹の真下に照明を設置し、中心に向けて照らします。同じ方向・同じ角度から照らすことで、ライティングの雰囲気が統一され、庭全体を優雅に演出してくれます。 また、和を強調するコツとして、左の写真のように「電球色のライト低い位置から照らす」ことが挙げられます。あなた好みの和風庭園をつくってみませんか?

そんなライティングには、ひかりノベーションの、

がオススメです。

「夜の木漏れ日を、つくろう」がコンセプトの木のひかり。
ひかりのテクニックが活きる最適な明るさに設定されているので、ひかりのプロじゃなくても、きれいに樹木をライティングしてあげることができます。 またほかにも、樹木にあわせたライトアップをするのも木のひかりで美しいライティングをするポイントです。葉の多い樹木には少し離れた位置から、葉の少ない樹木には近くからライトアップすることで、樹木本来の魅力を引き出せます。

ひかりノベーションシリーズは、工具なしの簡単施工で、ライトアップも暗くなったら自動で点灯、設定時間後には消灯するので、手間がかかりません。また、LEDだから電気代も1台当たりわずか20円/月で楽しめるので、お気軽に始めていただけます。

プロのようなライティングが〝DIY〟で〝簡単〟にできる。
そして夜の我が家がもっと好きになる。

ひかりノベーションがもっと気になった方は下記のwebページへ

LEDIUS HOME ひかりノベーションwebページ