照明と組み合わせて魅せる。 こだわりが光る非電照サイン特集


「サイン」と聞くとどのようなものを思い浮かべますか?サインといってもお店の看板からピクトサインのようなもの、光るもの・光らないものまで様々あります。タカショーデジテックでは光るLEDサインをメインに製造していますが、実は光らないサインも製造しているんです。そこで今回、低コストで取り入れられる光らないサイン、「非電照サイン」を紹介します。

目次

  1.  非電照サインの魅力
  2.  照明を上手く取り入れ夜でもわかるサインに
  3.  「LEDIUS SIGN LETTER」シリーズ

非電照サインの魅力

LEDIUS SIGN LETTER CUBEスレートシルバー塗装の写真
存在感が際立つ
LETTER CUBE
LEDIUS SIGN LETTER ARTアール加工、クロームメッキ塗装の写真
メタリックな塗装を施した
LETTER ART

非電照サインには、LEDサインとはまた違った魅力があります。1つ目は低価格なことです。サインを取り入れるときに気になってくるのは、デザインや仕上がりはもちろんですが、現場の予算に合わせた費用・コストです。非電照サインなら、イメージ通りに仕上げながら、費用を抑えることができます。2つ目は、照明との組み合わせで多種多様な演出ができるということです。非電照サインは、塗装やラッピングなどサインとして加工できる面積が多い分、お店のイメージに合わせるためにとことんこだわることができます。そしてさらにお店のイメージに合った照明を組み合わせることで、昼も夜も見え方にこだわったサインに仕上げることができるのです。

照明を上手く取り入れ夜でもわかるサインに

照明との組み合わせが魅力の非電照サイン。デジテックでは、照明一式を提案できるラインアップを揃えているので、非電照サインと照明を上手く組み合わせ、LEDサインとはまた一味違う見せ方や、夜でもはっきりと視認してもらえるようなサインにすることができます。では、照明を上手く取り入れた非電照サインの見せ方をいくつか紹介します。

LEDIUS SIGN LETTERとダウンライトを組み合わせたイメージ写真
ダウンライトとの組み合わせ

ダウンライトで非電照サインを照らす方法は1番オーソドックスですが、非電照サインを効率的に美しく見せる方法でもあります。文字数によって照らす幅も変わってくるので、それらにあった配光を選ぶことで夜でもはっきりと看板としての役割を果たすサインにすることができます。

>>ダウンライトはこちら

LEDIUS SIGN LETTERとLEDIUS SIGN NEOを組み合わせたイメージ写真
LEDIUS SIGN NEOとの組み合わせ

バー状に制作したLEDIUS SIGN NEOシリーズを非電照サインの背後に組み合わせることで、光とともに文字のシルエットが浮かびあがります。LEDIUS SIGN NEOシリーズは、発光色が最大9種類あり、お店の雰囲気やイメージカラー、また非電照サインの柄やデザインに合わせることで、より印象的なサインに仕上げることができます。
>>LEDIUS SIGN NEOはこちら

LEDIUS SIGN LETTERとウォールライトを組み合わせたイメージ写真
ウォールライトとの組み合わせ

看板の近くにお店の雰囲気に合ったウォールライトを設置することで、昼も夜もお店の演出を高めつつ、非電照サインも照らすことができます。壁や看板に拡散されたウォールライトの光が非電照サインを柔らかく照らしてくれます。

>>ウォールライトはこちら

LEDIUS SIGN LETTERとアップライトを組み合わせたイメージ写真
アップライトとの組み合わせ

アップライトで下から照らすことで、看板の周りにあるものも照らしつつ、非電照サインを見せる方法もあります。植栽が植わっているところや、厚みのある非電照サインとの組合せに最適で、下から照らされたサインの影が味わい深い演出にもなります。

>>アップライトはこちら

「LEDIUS SIGN LETTER」シリーズ

デジテックには、非電照サインのラインアップとして“LETTER ART„と“LETTER CUBE„の2種類があります。では、それぞれの特徴と魅力を見ていきましょう。

表情豊かな仕上がりに“LETTER ART„

LEDIUS SIGN LETTER ARTの加工形状がアール、表面仕上げがメッキ塗装の写真
加工形状:アール
表面:金メッキ塗装
LEDIUS SIGN LETTER ARTの加工形状がテーパー、表面仕上げが真鍮古美塗装の写真
加工形状:テーパー
表面:真鍮古美

文字断面の加工形状や表面仕上げの種類が多彩な“LETTER ART„は、組み合わせによってサインの表情が大きく変わります。お店に合わせたものを選ぶことで、サインとしての演出が格段に上がります。加工形状は、エッジ・アール・テーパーの3種類で、アールとテーパーは角度も選べます。エッジやアールなどの形状はLEDサインでは再現できない、非電照サインならではのものです。表面仕上げは塗装とラッピングの2つの方法があり、塗装色はご指定のカラー、ラッピングも6種類から選べます。

LEDIUS SIGN LETTER ARTの加工形状がエッジ、表面仕上げがラッピングの写真
加工形状:エッジ
表面:ラッピング仕上げ

特にラッピング仕上げにおいて塗装では表現できない木目が再現できるのは、ラッピング加工に特化したタカショーグループならではの特長です。サインを設置する壁面材やお客様のこだわりに合わせた形状・仕上げで理想のサインに仕上げましょう。

LEDIUS SIGN LETTER ARTのカラーバリエーション
LEDIUS SIGN LETTER ARTのカラーバリエーション

“LETTER ART„の塗装・ラッピングのカラーバリエーション

>>LETTER ARTの商品ページはこちら

存在感を際立たせる“LETTER CUBE„

LEDIUS SIGN LETTER CUBEの表面仕上げがウォームグレーメタリック塗装の写真
LEDIUS SIGN CUBE
ウォームグレーメタリック塗装
LEDIUS SIGN LETTER CUBEの表面仕上げがスレートシルバー塗装の写真
LEDIUS SIGN CUBE
スレートシルバー塗装
LEDIUS SIGN LETTER CUBEの表面仕上げがダークグレーメタリック塗装の写真
LEDIUS SIGN CUBE
ダークグレーメタリック塗装

“LETTER CUBE„は、加工形状はストレートのみですが、厚さやサイズのバリエーションの幅が広く、厚さは2~20mm(7段階)、サイズは高さ30~500mmまで対応できます。デザインとして細かいところは忠実に表現しつつ、独特の立体感で存在感を際立たせます。表面の仕上げは、別注でご指定のカラーにすることができます。高級感のある字体から、柔らかいデザインのものまで雰囲気に合わせた塗装・文字の厚みで看板を演出します。

LEDIUS SIGN LETTER CUBEのカラーバリエーション
LEDIUS SIGN LETTER CUBEのカラーバリエーション

“LETTER CUBE„の塗装のカラーバリエーション

>>LETTER CUBEの商品ページはこちら


低コストでサインを取り入れられる非電照サイン。デジテックで扱っている非電照サイン(LEDIUS SIGN LETTER)の魅力や、夜でも見やすくするポイントを紹介しました。多彩なラインアップは魅力のひとつですが、「形状や表面仕上げの種類が多すぎて決められない」という方はぜひご相談ください。

>>ご相談・お問い合わせはこちら

ページトップへ