より美しい光を、より洗練された機能で。 LumeK(ルーメック)シリーズのご紹介

お庭をライトアップするのに最適な屋外照明であるアップライトは一般的になっていますが、それと同時に進化し続けています。近年では、カラーシャドウフィルターのような、今までの屋外照明にはない新しいジャンルの商品を開発しました。ですが、このような遊び心のある商品を開発しても、基本となる照明の質がよくなければ、お客様の理想に叶ったライトアップを演出することはできません。

今回は、ベーシックなスポットライトシリーズの主役である「オプティ」シリーズからバトンタッチした次世代スポットライト、LumeK(ルーメック)シリーズをご紹介します。

目次

  1.  開発経緯
  2.  LumeK(ルーメック)とは
  3.  LumeKシリーズの商品ラインアップ

開発経緯

屋外空間をライトアップするにあたって、アップライト・ポールライト・グランドライトの3つのアイテムを組み合わせて使うケースは非常に多く、当社ではこれら3アイテムを「ベースライト」と定義していますが、同じ電球色といえどもアイテムによって異なるLED素子のグレードの違いなどによって光の色がバラついて見えるといった問題がありました。また一方では、ライトの不具合時を懸念して、灯具まるごとの交換ではなく光源だけが交換できる構造のライトが待ち望まれていました。これらの課題を一挙に解決するため、カテゴリーをまたいだリニューアル計画を推進。スポットライトのカテゴリーにおいては、従来のメイン商品である「オプティ」シリーズを置き換える商品の開発がスタートしました。

ベースライトの一新について詳しく知りたい方はまとめ記事をご覧ください!

特集記事 ≫

LumeK(ルーメック)とは

ガーデンアップライト オプティの商品画像
オプティ
ガーデンアップライト ルーメックの商品画像
LumeK(ルーメック)

照らす対象のスケールに応じてS / M / Lの3段階から選べる明るさ展開や、多彩なオプションの組み合わせによりその場に最適な1台にカスタマイズできる自在性など、従来のオプティシリーズの美点を引き継ぎながら、交換可能なLEDモジュールの採用といった構造の刷新に始まり、使い勝手の向上など多岐にわたってリニューアルされた次世代のスポットライトシリーズ。それがルーメックです。

では、具体的にどのようなところが変わったのか、見ていきましょう。

LumeKの特長

温かみのある光色の
新開発のLEDモジュール

アップライト・ポールライト・グランドライトに使用している新開発のLEDモジュールの画像

新しいグランドライトにも採用している新開発のLEDモジュールを光源として全面採用。万が一の不具合時にも交換可能な構造としています。光色は従来の3000Kよりも低い色温度である2700Kに設定。白熱灯のような温かみのある色合いは、ライトアップされた空間の質を高めます。

眩しさに配慮した構造

モジュールが灯具の奥に配置されていることにより、グレアが少ないことを表している図

モジュールを灯具の奥に配置することで灯具本体がフードの役割を果たし、グレアの少ない快適な光環境を創ります。

3段階の明るさ展開

S / M / Lのサイズ別の明るさを表している画像

S / M / Lの表記による3段階の明るさ展開。光の伸びから照らす対象にあわせて選べるわかりやすさを従来品から引き継ぎながら、光のポテンシャルを引き上げました。

2種類の光の広がり

狭角・広角のそれぞれの光の広がりを表している画像

S / M / Lの3タイプごとに2種類の光の広がりを展開。従来よりも配光の違いをわかりやすく設定し、使い分けが明確になりました。コンパクトな樹冠の樹木や枝ぶりの立派な樹木など、対象に適した配光を選択できます。

LumeKシリーズの
商品ラインアップ

フランジタイプ

ガーデンアップライト ルーメック スパイク付の商品画像

送り配線を行いたい場合はフランジタイプがおすすめです。
フランジ内で結線も可能で、フランジがジャンクションボックスの代わりになるので、連灯で施工する場合に工事の手間やコストに差が出ます。
灯具を固定させるためのスパイクも3種類展開しており、それぞれの現場に合ったスパイクを選ぶことができます。

スパイク

ルーメック スパイクの商品画像

スタンダードなタイプのスパイクです。真下から見ると、スパイクが十字になっており、地面に刺しやすい形になっています。
固い地面に施工する時に使用します。

パワースパイク

ルーメック パワースパイクの商品画像

脚が4つあり、かつ細いので、普通のスパイクに比べて、設置した灯具が倒れにくくなっています。
しっかりと設置したい時に使用します。

PF管対応スパイク

ルーメック PF管対応スパイクの商品画像

スパイクが縦長の筒状になっており、かつ太いので、スパイク内に電線保護管を2本引き込むことができます。
配管施工を行いたい時に使用します。

スリムタイプ

ガーデンアップライト ルーメック スリムの商品画像

植栽の中にスッキリ収めたい場合はスリムタイプがおすすめです。
フランジの接地面が少なくコンパクトなので、グランドカバーを邪魔することなく設置できます。

グランドカバーに「ルーメック フランジタイプ」を設置した時の側面図
フランジタイプ
グランドカバーに「ルーメック スリムタイプ」を設置した時の側面図
スリムタイプ

また、ライトが植栽や積雪に埋もれてしまうのを防ぐ延長ポールについて、オプティではフランジタイプのオプションパーツでしたが、ルーメックではスリムタイプのオプションとして構造を見直し、安定性が格段に高まりました。

ウォールスポットライト

ウォールスポットライト ルーメックの商品画像

高いところから照らしたい場合はウォールスポットライトがおすすめです。オプティのウォールスポットライトには狭角配光レンズが組み込まれていましたが、ルーメックでは空間全体にあかりを広げるため、広角配光レンズを標準採用しています(ルーメック Lは中角配光)。

高いところからウォールスポットライトで照らした時の画像
高いところからスポットライトで照らすとき

さらにオプティの本体色はシルバーのみでしたが、ルーメックではブラックを追加。近年のトレンドを汲み、空間に合わせやすくなっています。オプティではフランジ正面に配置されていた袋ナットを排除し、フランジデザインの変更も相まって、柱などに設置した際の見かかりも改善しています。

ウォールスポットライト ルーメック シルバーの商品画像
シルバー
ウォールスポットライト ルーメック ブラックの商品画像
ブラック

露出配線にも対応

露出配線に対応していることを表している画像

施工後の柱や壁など露出配線が必要な環境でも、フランジ下部のコード穴から挿入して対応できます。従来必要だったオプションが不要になりました。

いかがでしたか?アップライト、ウォールスポットライトのリニューアルにより、今までより質の高いライトアップが可能になりました。2700Kの白熱電球のような光は、温かみのある空間を演出してくれます。ぜひ、家周りやお庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ご興味のある方はぜひ、製品ページからご確認ください。

製品ページはこちら ≫

カタログ請求はこちら ≫

お問い合わせ ≫

ページトップへ