DiGiTEC

LOW VOLT® SYSTEM 安心・安全・ローコストで様々な現場に対応

施工も安全で簡単 ブレーカーが落ちず安心 庭の成長に柔軟に対応 電気資格は不要 時間とコスト削減 施工も安全で簡単 ブレーカーが落ちず安心 庭の成長に柔軟に対応 電気資格は不要 時間とコスト削減

ローボルト®︎システムのメリット

  • その1 施工も安全で簡単
  • その2 ブレーカーが落ちず安心
  • その3 庭の成長に柔軟に対応
  • その4 電気資格は不要
  • その5 時間とコスト削減
  • 電気工事専用の工具が不要で簡単
    触れてもビリっとせず安全

    ローボルトシステム図
  • 漏電が起こってもトランスがOFFになり
    室内には影響が出ず安心

    漏電 トランスがOFF
  • コード・結線部は土に
    そのまま埋めてOKだから器具の
    移動や交換も簡単。
    日々変化する庭にも柔軟に対応します。

    コード・結線部は土に<br>そのまま埋めてOKだから器具の移動や交換も簡単。日々変化する庭にも柔軟に対応します。
  • トランスで低電圧に変換。
    安全な電圧だから電気工事資格を持ってない方でも施工が可能です。

    トランスで低電圧に変換。安全な電圧だから電気工事資格を持ってない方でも施工が可能です。
  • 資格なしでスムーズに施工ができ
    工事時間とコストが削減可能

    結果として、時間とコストに余裕が持てます。

一般住宅から施設まで導入できる

ローボルト®︎システムは、一般住宅など小規模向きの12Vローボルト®︎システムと施設向けの大規模にも対応する24Vローボルト®︎システムを使い分けることで、幅広い現場に対応可能です。

ローボルト®︎システムが対応

大規模向き

長距離の配線ができる

24Vローボルト®️システムでは、電圧降下が小さいので、
12Vローボルト®️システムの約6倍の距離まで配線できます。

最大延長距離90m

大規模な現場の施工でも
スッキリした配線計画に!

12Vの場合、大規模の現場になると、長距離の配線による電圧降下を防ぐため、分岐が増え、大量のケーブルが必要でした。
24Vローボルト®️システムでは、電圧降下が小さいので渡り配線でき、スッキリとした配線計画が可能です。

配線がスッキリ 配線エリアが広がる

ローボルト®︎システム図

ローボルト®︎システム図

ローボルト®︎システムの
拾い出し例

1照明のレイアウトを考える

住む人の生活スタイルやお庭のスタイルから「光」が必要な場所を決めます。目的照明と演出照明の2つを考え、ライティングテクニックや照度表を参考にすると便利です。

照明のレイアウトを考える

2トランスを選ぶ

ローボルトライトで施工する際、AC100Vをローボルトに変換するためのローボルトトランスが必要です。使用する商品の消費電力の合計によって、トランスの最大許容W数(トランスW数の70%)を基準にローボルトトランスを選びます。

合計容量、配線距離に応じて12Vまたは24Vを選びます。

トランス35Wを使用すると効率的

3配線を考える

配線のデザインを決めます。各ラインの使用W数によってコードの使用可能距離も変わります。

電圧降下のグラフを見る
配線を考える

4アクセサリーを選ぶ

今回のプランに必要なアクセサリー

  • LEIDUSローボルトトランス35W

    LEIDUSローボルト
    トランス35W

    1個

  • ジャンクションボックス

    ジャンクション
    ボックス

    3個

  • ジャンクションボックス

    ジャンクション
    ボックス

    1個

  • ドライコーン

    ドライコーン

    34個

  • ガーデンスケープ用コード

    ガーデンスケープ用
    コード

    現場に必要な長さ

  • コネクター

    コネクター

    1個

  • コネクター

    コネクター

    1個

  • カップリング

    カップリング

    1個

  • ノーマルベンド

    ノーマルベンド

    1個

  • 電線保護管

    電線保護管

    現場に必要な長さ

ローボルトプランナーPro

※12Vのみ対応

図面を取り込んで配置・配線が直感的にできる!

電圧降下の計算も必要なし!アクセサリーを自動で簡単に拾い出し!電圧降下やW数を考えながらの、手間のかかる部材の拾い出しを自動で拾い出して見積もりまでしてくれるプランニングサイトです。

STEP1 平面図を取り込む STEP2 商品を配置 STEP3 配線を繋ぐ
  • 電圧降下を
    自動判定
  • アクセサリーを
    自動で拾い出し
  • 平面図の上から
    配線図作成可能
  • ワンクリックで
    見積作成
VIEW MORE

お問い合わせ

お問い合わせは以下の方法にて受け付けております。
ご都合の良い方法にてお問い合わせくださいませ。

  • 相談だけでもOK

    相談だけでもOK
  • 個人のお客様もOK

    個人のお客様もOK
  • Webでのお問い合わせ

    以下のボタンよりお問い合わせの入力ページへ移動いたします(24時間受付中)。確認が出来次第、担当者より折り返しご連絡いたします。

  • お電話でのお問い合わせ

    受付時間:平日8:30-17:00

    電話
    073-484-3618