DiGiTEC

ニュース
NEWS

お庭に簡単に本格的なスピーカーシステムを導⼊ 『ローボルト®サウンドスケープシステム』を発売

○ ローボルト®︎システムで簡単施工の12V屋外用サウンドシステムが登場

○ 業務用音響機器「Onkyo Installation」を展開するオーディーエスとの共同開発により音源に忠実なサウンドを再現

○ 植栽の中に挿し込んで使えるスパイクスピーカーなど、3タイプの防水型スピーカーをラインアップ

 

ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショー(本社:和歌⼭県海南市 代表取締役社⻑:⾼岡伸夫 東証⼀部:7590)と、照明事業を担う⼦会社である株式会社タカショーデジテック(本社:和歌⼭県海南市 代表取締役社⻑:古澤良祐)は、2017 年に発売した「GEMS®(Garden Energy Management System)」の拡張展開として、ローボルト®システムで稼働する『ローボルト®サウンドスケープシステム』を、「Onkyo Installation」ブランドを展開するオーディーエス株式会社と共同開発し、2 ⽉ 1 ⽇(⼟)より発売いたします。
お庭にサウンドの要素を組み⼊れることで、アウトドアリビングに⾼品質の⾳楽を流せるようになるだけでなく、聴覚を通じてより⾃然に近い環境演出を⾏えるなど、これまでになかったお庭の価値をご提供できるようになりました。

【ローボルト®︎サウンドスケープシステム 商品イメージ】

システム概要

LEDIUS ローボルトトランス(12V)と専⽤アンプをつなぎ、スピーカーと接続するシステムです。専⽤アンプ 1 台につき最⼤ 8 台のスピーカーを接続できます。ローボルト®⽤コードを利⽤して接続するのでローボルト®ライトと変わらない簡単な施⼯性です。⾳源はスマートフォンから Bluetooth でアンプに送信します。

【ローボルト®︎サウンドスケープシステム システムイメージ】

商品ラインアップ

取付場所の異なる 3 タイプの防⽔スピーカーと、専⽤アンプをラインアップしています。

※表⽰価格には消費税、及び⼯事費、取付費、運賃等は含まれません。

「GEMS®」について

「GEMS®」は、Garden Energy Management System の略で、タカショーの展開するガーデンライフスタイルに IoT テクノロジーを融合し、より快適で楽しい屋外空間を演出するタカショーの IoT コンセプトです。

「ローボルト®」について

通常、⼀般的なお家では 100V または 200V の電源電圧が使⽤されています。ローボルト®はこのうち 100V の電圧を 12V または 24V の低電圧に変換させたシステムの総称です。低電圧に変換することで、電気に触れても感電することがなく、また電気⼯事⼠の資格がない⽅でも、誰でも簡単にライトなどの設置が可能です。

詳しくはこちら

※「Onkyo Installation」は、オンキヨー株式会社の登録商標であり、ライセンスに基づき使⽤しています。

株式会社タカショー 会社概要

◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代⽥区神⽥駿河台 2-9 KDX 御茶ノ⽔ビル 2F

◆本社所在地:
〒642-0017 和歌⼭県海南市南⾚坂201

◆事業内容
・環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の
 企画開発
・ガーデン⽤品の輸出⼊販売
・エクステリア商品のソフトウェア開発販売
・ CAD、C.G.ソフトウェアの提供及び処理業

◆ビジョン:
常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く都市環境庭⽂化に貢献するグローバルなオンリーワン企業を⽬指します。

◆ホームページ:
ホームページはこちら

商品に関するお問い合わせ先

株式会社タカショー
プロユース企画部 ライフスタイルデザイン開発課 岩根(いわね) 電話:073-486-2531
FAX:073-486-2563
メールアドレス:takasho@takasho.co.jp

リリースに関するお問い合わせ先

株式会社タカショー
経営企画室 粂(くめ)
電話:072-734-8505
FAX:072-734-8508
メールアドレス:press@takasho.co.jp

ニュースリリースの内容をPDFで見る